Home > Tools

Tools Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Oblivion WryeBashでFace Import(顔データ取り込み)

Oblivion WryeBashでFace Import
顔データ数値化してそれで同じ顔を再現するのは面倒なので、「WryeBash」を使ってSaveデータから顔データをインポートすると簡単に同じキャラが複製できます^^

WryeBashのインストールはWikiなどを参照してください


1 「Save」タブから、Faceデータを取り込みたいSaveデータを右クリックし、「Face Import」をクリックします。(事前にSaveデータはバックアップしておいた方が無難です^^)

Wrye Bash Face Import 1

Continue reading

Oblivion コンソールコマンド

オブリビオンのコンソールコマンド一覧。
ゲームプレイ画面で「@」マークを押すとコンソールモードになります。
「@」でコンソールモードにならない人もいるみたいですが、Modでコンソールに入れるのがあったはず^^;
思い出したら追記しておきます。


additem [ID] [数量] 
 対象に[数量]分の[ID]のアイテムを与えます
 例:対象のキャラをクリックし、頭上にキャラのIDが出たのを確認して、「additem 0000000F 100」 と入力しリターンを押すとクリックしたキャラに、100Goldの所持金が増えます。
 ※プレイヤーキャラに与えたい場合、「player.additem 0000000F 100」でもOK。

cls
 コンソールテキストをすべてクリアします。

coc testinghall
テストホールに飛びます。coc 場所でほかにも飛べる

kill
 クリックして選択した対象を殺害します。

set timescale to 数字(10等)
 ゲーム内のタイムスケールをリアル時間の何倍で進めるかを設定
 デフォルトは30倍の30となっている
 リアルを望む人は5~12倍が多い

ShowRaceMenu
 キャラクタエディットメニューを表示します。
 ※Doneボタンを押してしまうとステータスが初期状態にリセットされるので注意!
 ※リセットのタイミングはDoneボタン押した時なので、Doneを押さないでSaveし、その後Loadするとステータスはリセットされません。その他注意がいくつかあるのでWikiを参照のこと

tai
 対象のキャラをクリックし、入力すると動きを止めます。戦闘中のSSを撮るときとか便利。

tdt
FPS計測

tcl
  コリジョンをオン・オフに切り替えます(ToggleCollision)。コリジョンをなすことで、例えばポーズで、本来重ねられないキャラを密着させることができます。

tm
 メニューの表示をオン・オフできます。(ToggleMenus)

tgm
 無敵モードになります。(ToggleGodMode)

tfc
 視点のみ自由に動けるようになります。(ToggleFlyCam)

unlock
 クリックして選択したドアや宝箱などの鍵を外します。





BOSSの使い方

Better Oblivion Sorting Software(通称BOSS)は、batファイルを実行すればマスターファイルに基づいてModのロード順を自動設定してくれるので、特に使い方というのは無いのですが、自分なりに更新したマスターファイルがあるので、アップしておこうと思います。

【使用方法】
・下記リンクを右クリックで「対象をファイルに保存」で「Oblivionインストールフォルダ\Data」に上書き保存してください。※元々の「Masterlist.txt」はバックアップしておいた方が無難です^^

BOSSのインストール方法はこちら9番を参照

【ダウンロード】
2009年7月24日:BOSS Masterlist.txt


OBMMの使い方

Oblivion Mod Manager(通称OBMM 現在の最新バージョン1.1.12)は、Modのロード順やファイルの上書きの有無、Mod関連ファイルを圧縮し(omodファイル)管理することができるMod管理の必須ツールです。
Wikiに詳しく載っているのでそちらも参照してください。)

インストール方法はこちらの9番を参照してください。

1 ロード順管理

【左側】
・OblivionのDataフォルダにインストールされているModのリストで、チェックが入っている物が有効になります。
・Modをリストから選んで、左下にある「Move Up」「Move Down」でロード順を変更できます。
 (BOSSのロード順ではうまくいかない時に使用すると良いでしょう^^)
・下のプルダウン「Load Order」でアルファベット順でソート等出来ます。

【右側】
・Modをomodファイル(圧縮ファイル)で管理している物の一覧(表示順はロード順には関係ありません)
・リストをダブルクリックするだけで、左側のリストにインストールしたり、削除したりすることができます。
 (Textureファイルのみ等espファイルが無いModは、Activeにしても左のリストには表示されません)
・「■」の色で、ファイルの上書き有無を確認できます。(Wiki引用)

Activateされていて競合していない
Activateされておらず競合していない
Activateされておらず競合している少数のファイルがある
Activateされておらず競合している多数のファイルがある
何らかの理由でActivateできない
•競合しているとされるMODがある場合右クリックしてView data conflictsするとどのファイルが競合しているかがわかります。

OBMM 1

Continue reading

Home > Tools

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。